スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デンマークの保育を紹介

個を大切にする デンマークの保育 ーパピロン総合保育園から学ぶー
デンマークでは次のような保育をしています。いくつかを紹介しましょう
 
 「自分を好きになれる子どもを育てる」
自分を好きになれる子ども、自己尊重感をたっぷりもった子どもを育てるためには、「自分はこれでいいんだ」「今のままでいいんだ」と自分を感じる心を育てることです。ありのままの自分を認め、肯定する気持を保育の中で育てることが大事です。自己尊重感を育てるためにパピロン総合保育園で保育を通して学んだこと「保育士が気をつけたい言葉づかい3項目」を紹介したいと思います。

評価する言葉を少なく
子どもがブランコに乗っていると、「高くこいでいて 面白そうね」と言います。「高くこげてうまいね」「上手にこげてすごいね」というような子どもを評価する言い方をできるだけ使いません。評価の言葉は、子どもを何ができるかできないかで、自分がいい子なのだとか、だめな子だとか思わせてしまいます。何かがうまい子は、それによって自信は持ちますが、その子からうまいことを取り去った場合、もしその子が自己尊重感をもっていなければ、自信を失ってしまう可能性があるのです。

「すごい、上手にできるねえ」「すごくきれいに描けたね」など、自分の価値観や評価の気持ちが入った言葉づかいをして、知らないうちに、私は子どもたちに接してきたように思います。子どもたちの作品や子どもたちの遊びに対して保育士はどのような言葉かけをしたらよいか、今一度考えてみてはいかがでしょうか。自己尊重感を育てる言葉づかいになっているかどうか。「ありのままの貴方でいいんだよ」と子どもたちが感じる言葉づかいになっているでしょうか、今一度見直してみてはいかがでしょうか。

比較の対象は他人ではなく自分の過去と
デンマークでは他と比較しない、我が子は我が子という考え方で子育てをします。自分は人よりできるということではなく、自分は何ができるかということを大切にして子育てをしていくのです。

日本の幼稚園や保育園で次のような会話を聞くことがあります。
「みんな○○しているでしょ! あなたもしたら!」
「○○ちゃんはどう思うの?」ではなく「みんながそうしてるんだから 
☆☆しなさい」
「○○ちゃんは☆☆ができるよ。あなたも☆☆に挑戦してみなさい!」「誰が一番早く○○ができるかな? 競争だよ」
「○○ちゃんはあんなで早くできるのよ。☆☆ちゃんもがんばって!」

日本の保育現場で、幼児同士を比較したり、みんなと同じようにと画一的に合わせることを要求したりする言葉を聞くことがあります。、また人との競争心をあおる言葉をつかう場をみかけることもあります。他と比較されながら、競争心をあおられながら育てられてきた先生自身が、知らず知らずのうちに次の世代にも同じような言い方や、考え方で育てているのかもしれません。自分が育てられた子育てしか知らずに、こういうものだと思い込み、知らず知らずのうちにつかっているのではないでしょうか。デンマークの子育て、異文化に触れ改めて気付かされた言葉づかいです。

デンマーク人は他とあまり比較しない国民です。比較するとすれば、昨日の自分と比較します。木登りに挑戦している子どものことばです。
「昨日はこの枝まで登れた。今日はここまで登れた。私ってすごい!」

肯定的な言葉をできるだけ使う

「走ってはダメ!」「○○してはだめ!」と言わないで、「歩きなさい!」
「○○しよう」と言う表現にできるだけするのです。禁止のことばが生活の上で多くなると、子どもの生活が制限されてしまい、毎日が楽しいものにはなりません。
大人の管理がきつくなればなるほど「○○してはいけません。○○はダメです」が多くなります。自分自身で判断して遊ぶことより、「○○してはダメ」と言う大人の言葉や大人の目が気になって、遊びが制限されてしまいます。禁止の言葉をできるだけ少なくした保育、禁止の言葉があまりない園で、楽しかった、嬉しかった、面白かった等の体験をたくさん味わい、自己尊重感をたっぷり培ってもらいたいものです。
スポンサーサイト

デンマークってどんな国?

デンマークってどんな国?
デンマークについて簡単に紹介しましょう。

地形・人口・気候・気温
デンマークは北欧諸国(スウェーデン・ノルウェー・フィンランド・デンマーク)の一つで、九州より少し広い面積をもっています。人口は約530万で、高い山がなく森と湖が多くあります。北海道に近い気候で、冬は寒く夏は涼しく過ごしやすい国です。コペンハーゲン郊外には白樺の木がたくさんあり、野生のリスが住んでいます。私は2008年6月下旬から7月初旬にかけて滞在しましたが、からりとした湿度で昼間は暑くても23℃ぐらいでした。夜には15℃位になるのでセーターが必要です。私が滞在したリュウグビュー市は、コペンハーゲンから車で約20分位の所にある緑豊かな住宅街でした。白夜と言われる現象があり、夜9時でも外が明るいので、つい夜ふかしをしてしまいそうでした。そのため部屋の天窓を閉め暗くして寝ました。冬は厳しい寒さで,以前は湖が一面凍っていましたが、今は暖冬で凍ることが少なくなりました。

貨幣・言葉
貨幣はデンマーククローネで牛乳が1ℓ約6,5クローネ(約180円)、卵6個で約17クローネ(340円)で、世界で物価の高い国の一つです。言葉はデンマーク語でほとんどの大人に英語が通じます。

宗教・高福祉・高負担の国
日常、教会へ通う人は少なくなっていますが、昔から根付いたプロテスタントの宗教の思想が残っており、この思想が、人間の平等、思想、言論の自由といった、デンマークの民主主義や社会福祉の理念の根底になっています。結婚式やお葬式には教会を使う人が多くいます。
高福祉、高負担の国であると言われる通り、社会福祉がとても進んでおり、医療費や教育費は無料です。その一方消費税は25%と高い点が特徴です。自宅前に、背丈ほどある大きなごみ袋とグリーンボックスと呼ばれるプラスチックの背丈ほどある大きな箱が、設置されており生活ゴミや草や木切れなどを入れます。週1回市の職員が来て袋の交換をしてくれます。スーパーなど大きな店の前には各種分別された箱が設置され、いつでも家庭からいろいろな種類のゴミを持ってきて分別して捨てられるようになっています。



文化・食生活
「人魚姫」や「醜いアヒルの子」「マッチ売りの少女」などの童話を書いたアンデルセンの生まれた国として多くの人に知られています。コペンハーゲンの中心部にはチボリ公園があり、私が行った金曜日の夜には、有名なミュージシャンが米国から来て、PM9:00~12:00位までライブがありました。たくさんの若い外国人たちがチボリ公園にやって来て夜通し音楽を楽しんでいました。公園の美しさとこうしたイベントが、多くの人を引き寄せているのだと思いました。チボリ公園の魅力がわかりました。
デンマークの若者は、一見自由奔放な生き方をしているように見えますが、自由とは自分勝手に何をしてもよいというのではなく、あくまでも自己の責任の上にたつ自由であるということを、幼いころから教えられています。
郊外にでると一面麦畑が広がっています。主食がパンなので麦の生産をほとんど自国でまかなっています。主食以外には肉・魚・野菜・乳製品・果物などが豊富です。

国の特徴
教育に対する公的支出がオランダと共に高い水準であることが、世界的に知られています。世界一幸福な国ランキングでデンマークは世界一(アメリカの研究組織、ワールド・バリューズ・サーベイ 2008年に発表)になっています。デンマークは、日本の皇室とともに世界で一番古い王国で、現在は女王マルグレーテ2世が国を象徴しています。












 
  

「個を育てる デンマークの保育」が 新聞に掲載

「個を育てる デンマークの保育 パピロン総合保育園から学ぶ」
 この本が デンマーク コペンハーゲン近くのローカル新聞に掲載されました。

                                     2010年6月29日の記事
                           (日本語訳 デンマーク在住大野睦子)

リュングビューの保育士日本語で本を出版
68年代のフラワーパワーに引かれデンマークにパピロン総合保育園の経験をもとにデンマークの保育ついて本を書いた。日本の保育は、子ども一人一人はそれぞれ違う、という考えにあまり重きをおいていない。「日本では子ども達は一斉にものごとをするように育てられている」パピロン総合保育園の保育士大野睦子ビヤーソゥーさんが日本語で、個を大切にするデンマークの保育について本を書いた理由の一つだ。

「一番幸せな国-デンマークからの保育を紹介」と書いてある。この本は彼女のリュングビューのパピロン保育園での経験をもとに書かれた。「保育に使われる財源が少ない」ということが日本の保育が個を出発点におけないと言う理由の一つだと彼女は言っている。「でも理由はほかにもあります。日本の子ども達は自分の気持ちを言葉で表現することをあまり学びませんし、友達や大人と交渉したり討論したりすることもあまり学びません。討論していると周りには喧嘩をしているように思われます。こちらでは喧嘩は一つの学びのプロセスとされているのに反し、日本では喧嘩をすることは良くないと思われています」と彼女は言う。彼女はまた認めの保育について多くのことを書いている。

共著
この本は日本の保育士、保育を目指す学生、興味のある親を対象に出版された。本は15年前に出合った日本の幼稚園教諭、園長だった青江知子さんと二人で書いた。大野睦子ビヤーソゥーさんがある季刊誌に書いたデンマークの保育についての記事を読んだ青江さんは、こういう保育を日本で実践したいと思った。その後交流が続き青江さんは日本から、睦子さんが20年ほど前からやっている年行事の日本週間にと、お土産を送り、睦子さんはお礼に日本では知られていないパックカレンダーを送った。そして2年前、青江さんがパピロンを訪問することになり、そこで青江さんはたくさんの写真を撮った。その時に、本を二人で書いたら、という考えが浮かんだ。
大野睦子ビヤーソウーさんは日本で教師をしていた時、夏休みを利用してアベピエール神父が起こしたエマウス会のサマーキャンプに参加し、今のデンマーク人の夫に出会った。その後文通が始まり、彼は大学に半年休みの許可をもらって日本に来た。3学期が終わった後、彼女はデンマークに来る事を決断、1975年(1973年の間違い)以来オーデンセに2年その後リュングビューに住んでいる。日本には一年に一度帰国している。「日本の堅苦しさがいやだった、68年代のヒッピーのフラワーパワーに引かれた」と彼女は言う。7月の初めに退職の予定、本が彼女の仕事の最後のくくり目となったのは偶然だと言う。「出版がきっかけで日本で名が知られれば、講演などでもっとデンマークの保育について伝えられるかもしれない」と彼女は言う。

本は自費出版で55クローネ。タイトルは「個を大切にする デンマークの保育 パピロン総合保育園から学ぶ」
本はすでに二人の出生地岡山で新聞に載り、教育関係者からの注文も来ている。
グレーテ ハンセン記

デンマークの子育て

デンマークの家庭教育

 デンマークの子どもたちは、幼いころから「個」が育まれ、遊びや体験を通して学んでいく環境の中で育てられます。中には知識教育に走る親も見受けられますが、知識より体験を通しての学びが大事だとする考え方です。
子どもは子どもらしく、遊びを通して学ぶことが大事で、何歳になったから○○をさせるのではなく、その子に応じて小さい頃から自立を教えていきます。また一人一人にたっぷりの愛情を注ぎ、自己尊重感を育てる家庭教育をしています。子どもの誕生日には休みを取り、祖父母や近親を呼び、家族そろって食卓を囲み、楽しい会話をしながらその子を祝う家族をよく見かけます。
 
 また、遊びを通して自分の意見を言う、発言力に力を入れて子育てをしています。自分の人生は自分で決定し、自分らしい人生が送られるように、また自己決定と自己管理ができる自立した若者に育つようにとの思いで家庭教育がされています。デンマークの若者は、一見自由奔放な生き方をしているように見えますが、自由とは自分勝手に何をしてもよいというのではなく、あくまでも自己の責任の上にたつ自由であるということを、幼いころから教えられています。








              
 

果物健康酢

健康酢の作り方ご存じですか。
季節の果物を酢でつくります。酢は市販のものを使いますが、1週間ほどすると果物が酢の中に入ってきます。その酢を薄めて氷と水でわって飲むのです。疲れているときに飲むとシャンとします。皆さま試してみてください。分量は好みで適当に入れてください。いままでいろいろやってみて、私はりんごとぶどうが一番気に入っています。

材料と作り方を紹介します。
  材料 季節の果物 例 ぶどう りんご いちご  プチトマトなど
  酢  株式会社トキワ(フリーダイヤル 0120-36-0127)合わせ酢 1000ml マイビネガー(果物漬けてネ     ッ酢)

① ぶどうをきれいに洗い、ざるにあげて水切りをしておきます。
② ブドウを半分に切ります。ビン(インスタントコーヒーのビンなど)に入れます。そのうえに「合わせ酢・マ  イ ビネガー)を入れます。
③ 1週間以上たつと酢の中にぶどうがしみこみます。
④ 氷や水でわってのみます。体が酢っきりします。漬けこんだぶどう全部食べられます。
⑤ 保存は常温でOKです。

皆さま どうぞ お体お大切に
プロフィール

Author:taoe
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。